呼吸を感じる

こんにちは。

前回のコラム記事を予想以上の方が読んで下さっていたようで、とても嬉しかったです。

今回は「呼吸を感じる」です。

皆さんは1日の内、何回ご自分の呼吸に意識を傾ける時間がありますか?

呼吸は意識をしなくても、自分の意志とは関係なく、止まることなくずっと行っています。でも、何も意識をしていない時の呼吸と、ふと意識を傾けた時の呼吸って違うと思いませんか?私はグループのクラスの時に必ず「今のご自分の呼吸に意識を傾けてみましょう」という言葉から初めています。理由は日常のいろんなところに分散していた意識から、自分の身体に意識を傾けるシフトチェンジをするため。そして、今の自分の状態を知るために行っています。

「呼吸に意識を向けてみましょう」と聞くと、通常の呼吸よりも大きくしなくてはいけないと、めいいっぱい息を吸い込みがちですが、まずは量より質に意識を向けてみて下さい。スムーズに楽に呼吸ができているかな?と。

今の身体の状態が、今の呼吸を作っています。

身体が変われば呼吸も変わります。

ヨガを始めた方から、「呼吸が楽にできるようになってきました」という声をいただきます。日常からご自分の呼吸に意識を傾ける機会が多くなってことで、これらの効果を感じるようになったのかもしれません。日常では動かしきれていない部分に小さな刺激を与えることで、みるみる体が変化して、一気に呼吸がしやすくなったりします。

ただ呼吸を感じる

そんな時間を1日に1回でも取り入れてみませんか?

呼吸の話はまたいつか詳しく載せたいと思います。

 

続く