免疫力をあげる

こんにちは。あっという間に2020年も1か月が経とうとしております。今年から、プチコラム的なものを紹介していこうと思います。

第一弾は、「免疫力をあげる!」です。

この季節、免疫力の弱い方は、いろんなウイルスに負けて風邪をひいたり、体調がなかなか戻らなかったりしますよね。

免疫力を上げるには、体温をあげる必要があります。

体温をあげる要素としては、

①筋力をつける。

筋肉量が増えると、必然的に体温が上がります。筋肉量を付けるために、食事からコントロールする方法もありますが、運動で筋肉に刺激を与える必要もできてきます。筋肉は、「Use it or Lose it(使うか失われるか)」しかありません。ですので、常に新しい刺激を様々な筋肉に与える必要があります。日常生活では使いきれていなかった筋肉をヨガで刺激を与えることができます。上手にポーズができるかどうかではなく、新しい刺激を少しでも筋肉に与えているかが重要なポイントとなってきます。

 

②呼吸ができる身体にする

呼吸も体温をあげる重要なポイントです。呼吸がスムーズに行われるためには、肋骨周辺の柔軟度が必要になってきます。肋骨周りが硬くなっていると1回の呼吸量が減り、全身に酸素が行き届く量も減ってしまいます。肋骨周辺の柔軟度が上がると自然と1回の呼吸量が大きくなり、スムーズに全身へと呼吸を行き届けてくれます。寒い日は、首をすぼめて前かがみになりがちですが、胸を開いてゆっくり呼吸する方が身体は温かくなります。ヨガは、準備運動の段階で呼吸に関係する関節や骨にアプローチをしていくので、無理なくゆっくりと呼吸を感じることができます。レッスン終了後には全身がぽかぽかです!

「最近免疫力落ちてきているな・・」と感じる方、「花粉症やアレルギーがひどい」という方、今から身体を整えておきませんか?2020年健康的な身体を手に入れるために是非Ritto MBM Laboへお越し下さい。お待ちいたしております。